動物病院で行われている外科手術

  • TOP
  • [カテゴリー: ブログ]
  • 動物病院で行われている外科手術

動物病院で日常どのような外科手術が行われているか想像がつかない方や、避妊手術・去勢手術のみを行なっていると考えている方もいらっしゃるかと思います。

以前ある人に言われたことで、そんなふうに考えている人もいるんだと驚いたことがあります。
「先生たちは午前少し働いて長い休みがあって、また午後少し働くだけっていい仕事ね、お昼寝はいつもどれくらいしているの」と聞かれたのです。
ご存知の方も多いとは思いますが、実はほとんどの動物病院ではお昼の時間に手術を行なっているのです。


ここで白石動物病院で実施している手術の一部を紹介させていただきます。
日常多く行なっている手術は、やはり犬と猫の避妊手術と去勢手術で、その他に多く行なっているものとして子宮蓄膿症の手術、膀胱結石摘出手術、帝王切開、乳腺腫瘍、体表面の腫瘤の摘出などの手術があります。
しかし、それ以外にも本当に様々な手術を日々行なっているのです。
整形外科分野ではあらゆる部位の骨折の手術や関節疾患に対する手術など、呼吸器系では軟口蓋過長症・気管虚脱・肺の一部の切除など、泌尿器系では腎臓の結石や尿管の結石の摘出・腎臓腫瘍や膀胱腫瘍切除など、消化器系では食道部分切除・胃がん摘出・胆のう摘出・肝臓の部分切除・胃や腸の異物摘出・腸閉塞・腸重積・腹膜炎などなど挙げていけばまだまだ本当にたくさんの種類の手術を実施しています。

そんな中で科目別に分類をしてみますと、がん・腫瘍の摘出手術が本当に多くを占めていることがわかりました。
がん・腫瘍の摘出には病理検査が付いて回りますが、当院で昨年(2016年)1年間に病理検査センターに依頼した件数が200件を超えていることからも伺い知ることができます。

近年高齢犬の2分の1が、そして高齢猫の3分の1ががん・腫瘍により死亡していると言われていますので、どのようながん・腫瘍が実際に発生しているのかあるいは多いのかが、愛犬・愛猫の健康を願う飼育者には大変重要なデータになると思います。それゆえ当院で得られた病理診断結果を参考にしていただければと考え、ここでその結果を紹介をさせていただきます。
(病理検査は全てノースラボの米国獣医病理学専門医に依頼)

皮膚・皮下の病理

  • 皮膚垂(非腫瘍) ラブラドールレトリバー 11歳 おす
  • 皮脂腺腫 皮膚付属器母斑 マルチーズ 8歳 おす
  • 肥満細胞腫グレード2 チワワ 9歳 おす
  • 肥満細胞腫グレード1 乳腺良性混合腫瘍 トイプードル 9歳 めす
  • 脂肪腫 ミニチュアダックスフント 7歳 おす
  • 肥満細胞腫(皮下) 皮膚付属器母斑 ボストンテリア 10歳 おす
  • 血管肉腫 ミニチュアダックスフント 9歳 おす
  • 血管腫 ミニチュアダックスフント 10歳 おす
  • 肥満細胞腫グレード2 トイプードル 7歳 めす
  • 毛芽腫 トイプードル 9歳 おす
  • 皮膚組織球腫 ミニチュアダックスフント 13歳 おす
  • 扁平上皮癌 アポクリン腺癌 軟部組織肉腫低悪性度 ゴールデンレトリバー 11歳 おす
  • 皮膚付属器母斑 ウエルシュコーギー 12歳 めす
  • 肥満細胞腫グレード1 雑種犬 2歳 おす
  • 血管肉腫 表皮嚢胞 ミニチュアダックスフント 10歳 おす
  • 線維肉腫 ネコ 10歳 めす
  • 肥満細胞腫(皮下) ラブラドールレトリバー 12歳 めす
  • 血管腫 ポメラニアン 10歳 めす
  • 肥満細胞腫グレード1 柴 12歳 めす
  • 肥満細胞腫(真皮内限局) ネコ 15歳 めす
  • 脂肪壊死 チワワ 2歳 めす
  • 腺癌 シーズー 14歳 おす
  • 軟部組織肉腫低悪性度 シーズー 10歳 おす
  • 肥満細胞腫 ロシアンブルー 14歳 おす
  • アポクリン腺腫 ネコ 21歳 めす
  • 脂肪腫 イタリアングレーハウンド 10歳 おす
  • 皮膚附属器母斑 トイプードル 12歳 おす
  • 腺癌 シーズー 15歳 おす
  • 肥満細胞腫グレード1 ボストンテリア 9歳 おす
  • マイボーム腺上皮腫 皮膚附属器母斑 毛包性嚢胞 ウエルシュコーギー 10歳 おす
  • アポクリン腺癌(2カ所とも) シーズー 14歳 めす
  • アポクリン腺腫 ボストンテリア 11歳 おす
  • 肥満細胞腫グレード2 リンパ腫 フレンチブルドッグ 11歳 おす
  • 肥満細胞腫(真皮内限局) ネコ 17歳 おす
  • 脂肪腫 雑種犬 9歳 めす
  • 脂肪腫 ミニチュアシュナウザー 11歳 めす
  • 肥満細胞腫グレード1 マルチーズ 7歳 おす
  • マイボーム腺上皮腫 アポクリン腺癌 ポメラニアン 年齢不明 おす
  • 脂腺上皮腫 ミニチュアダックスフント 15歳 めす
  • ランゲルハンス細胞組織球腫 毛包上皮腫 グレートデン 8歳 めす
  • 血管肉腫(4カ所とも) ミニチュアダックスフント 10歳 おす
  • 皮膚付属器母斑 フレンチブルドッグ 7歳 めす
  • 肥満細胞腫(皮膚2カ所、脾臓)ネコ 15歳 めす
  • 悪性黒色腫 シーズー 12歳 めす
  • 皮膚線維肉腫 パピヨン 11歳 おす
  • 肥満細胞腫グレード2 パピヨン 年齢不明 めす
  • 皮膚付属器母斑 雑種犬 13歳 おす
  • 血管肉腫 キャバリア 12歳 おす
  • 脂肪腫 ヨークシャーテリア 年齢不明 おす
  • リンパ腫 フレンチブルドッグ 9歳 おす
  • 肥満細胞腫グレード1 トイプードル 9歳 めす
  • 扁平上皮癌 フラットコーテッドレトリバー 6歳 めす
  • 皮膚付属器母斑 ラブラドールレトリバー 13歳 めす
  • 皮膚黒色腫 ミニチュアシュナウザー 年齢不明 めす
  • 軟部組織肉腫 血管腫 良性乳腺混合腫瘍 柴 15歳 めす
  • 皮膚付属器母斑 トイプードル 10歳 おす
  • 肥満細胞腫(皮下) ボストンテリア 11歳 めす
  • 扁平上皮癌 皮膚付属器母斑 ゴールデンレトリバー 12歳 おす
  • アポクリン腺癌 チワワ 14歳 めす
  • 毛芽腫 スコティッシュホールド 15歳 おす
  • 慢性化膿性炎症 シェットランドシープドッグ 11歳 めす
  • 脂肪腫 マイボーム腺腫 毛芽腫 雑種犬 12歳 めす
  • 漏斗部角化棘細胞腫 トイプードル 9歳 めす
  • 肥満細胞腫グレード2 ラブラドールレトリバー 12歳 めす
  • 血管肉腫(3カ所) ミニチュアダックスフント 11歳 おす
  • 肥満細胞腫グレード2(3カ所) ラブラドールレトリバー 12歳 めす
  • 毛包性嚢胞 ドーベルマンピンシェル 5歳 めす
  • 表皮嚢胞 猫 3歳 めす

乳腺部の病理

  • 乳腺腺癌 猫 17歳 めす
  • 乳腺腺腫 シーズー 12歳 めす
  • 乳腺腺腫 乳腺腺癌 皮膚付属器母斑 シーズー 5歳 めす
  • 良性乳腺混合腫瘍 乳腺腺腫 トイプードル 9歳 めす
  • 乳腺腺腫 子宮腺筋症 傍卵巣嚢腫 チワワ 14歳 めす
  • 乳腺腺癌(左右とも) シーズー 14歳 めす
  • 乳腺腺腫 ミニチュアダックスフント 14歳 めす
  • 乳腺腺腫 乳腺腺癌低悪性度 チワワ 10歳 めす
  • 乳腺腺癌 ミニチュアダックスフント 10歳 めす
  • 乳腺腺癌低悪性度 乳腺腺腫 ミニチュアダックスフント 10歳 めす
  • 良性乳腺混合腫瘍 チワワ 15歳 めす
  • 乳腺腺癌 雑種犬 15歳 めす
  • 乳腺腺癌低悪性度 乳腺腺腫 ミニチュアダックスフント 13歳 めす
  • 良性乳腺混合腫瘍 雑種犬 10歳 めす
  • 乳腺腺癌(5カ所)左右鼠径リンパ節転移病変形成 チンチラ(猫)12歳めす
  • 乳腺腺癌 雑種犬 15歳 めす
  • 乳腺腺癌 ウエルシュコーギー 10歳 めす
  • 乳腺腺癌 副腋窩リンパ節転移 ネコ 12歳 めす 
  • 乳腺腺癌 パピヨン 年齢不明 めす
  • 乳腺腺癌 ビーグル 12歳 めす
  • 乳腺腺腫 フレンチブルドック 7歳 めす
  • 乳腺腺癌 ミニチュアダックスフント 14歳 めす
  • 乳腺腺癌 猫 14歳 めす
  • 乳腺腺癌 ビーグル 12歳 めす
  • 乳腺腺癌(2カ所)鼠径リンパ節転移病変形成 シーズー 14歳
  • 乳腺腺癌 鼠径リンパ節転移病変形成 ミニチュアダックスフント 14歳 めす
  • 乳腺腺腫 マルチーズ 4歳 めす
  • 乳腺腺癌 スコティッシュホールド 10歳 めす
  • 乳腺腺癌 乳腺良性混合腫瘍 乳腺腺腫 血管腫 鼠径リンパ節転移病変形成 卵巣に顆粒膜細胞腫 子宮腺筋症 甲斐犬 11歳 めす
  • 乳腺良性混合腫瘍 雑種犬 12歳 めす
  • 良性乳腺混合腫瘍 雑種犬 9歳 めす
  • 乳腺腺腫(2カ所) ネコ 17歳 めす

泌尿生殖器

  • 移行上皮癌 雑種犬 13歳 おす
  • セルトリー細胞腫 ライディッヒ細胞腫 マルチーズ 11歳 おす
  • 移行上皮癌 猫 16歳 おす
  • 精上皮腫 肛門嚢腺癌 肛門嚢腺癌のリンパ節転移 ボーダーコリー 13歳 おす
  • セルトリー細胞腫 ポメラニアン 12歳 おす
  • 子宮腺筋症 トイプードル 4歳 めす
  • 卵巣未分化胚細胞腫、顆粒膜莢膜細胞腫 チワワ 12歳 めす
  • 移行上皮癌 ポメラニアン 15歳 めす
  • 移行上皮癌 猫 17歳 めす
  • セルトリー細胞腫 雑種犬 10歳 おす
  • ライディッヒ細胞腫 柴 年齢不明 おす
  • 精上皮腫 ミニチュアダックスフント 11歳 おす
  • 移行上皮乳頭腫 ミニチュアダックスフント 12歳 おす

胸腔内

  • 食道潰瘍(胸部食道憩室部)ミニチュアダックスフント 年齢不明 めす
  • 心基底部、心膜:炎症性肉芽形成 猫 1歳 おす 
  • 未分化肉腫 猫 1歳 おす
  • 肉芽組織増生 雑種犬 年齢不明 めす
  • 中皮細胞腫 雑種犬 15歳 めす

口腔内

  • 線維性エプリス ウエルシュコーギー 12歳 めす
  • 炎症性肉芽組織 アメリカンショートヘアー 11歳 おす
  • 歯肉粘膜ポリープ 柴 18歳 めす
  • 歯肉過形成 ラブラドールレトリバー 12歳 おす
  • 扁平上皮癌 ネコ 14歳 めす
  • 形質細胞性口内炎 ネコ 6歳 めす
  • 悪性黒色腫 ミニチュアダックスフント 15歳おす
  • 線維肉腫 ネコ 11歳 おす
  • 慢性歯肉炎 ミニチュアダックスフント 15歳おす
  • 線維性エプリス ゴールデンレトリバー 4歳 おす
  • 悪性黒色腫 シーズー 12歳 おす
  • 扁平上皮癌 ネコ 16歳 めす
  • 血管腫 マルチーズ 7歳 おす
  • 線維性エプリス ラフコリー 9歳 おす
  • 悪性黒色腫 線維乳頭腫 ビーグル 16歳 めす

  • 真菌感染による化膿性肉芽腫炎症(大腿骨) 柴 6歳 めす
  • 骨肉腫 雑種犬 13歳 おす
  • 軟骨肉腫 ラブラドールレトリバー 12歳 めす
  • 骨肉腫 雑種犬 14歳 めす
  • 腫瘍性病変認めず 14歳 おす

腹腔内・消化器・造血器・その他

  • 炎症性ポリープ ミニチュアダックスフント 15歳 おす
  • 肝細胞癌 ウエストハイランドホワイトテリア 12歳 めす
  • 胃消化管間質腫瘍GIST ミニチュアダックスフント 14歳 めす
  • 脾臓:結節生過形成 チワワ 8歳 おす
  • 回盲部:肉芽腫性炎症 ボストンテリア 4歳 おす
  • 脾臓:血管肉腫 ラブラドールレトリバー 11歳 めす
  • 腹腔内臓器:血管肉腫 雑種犬 年齢不明 めす
  • 肝細胞癌 肝胆管癌 ネコ 7歳 めす
  • 脾臓:血腫 ミニチュアシュナウザー 10歳 おす
  • 著変認めず パピヨン 12歳 おす
  • 副腎髄質腫瘍(褐色細胞腫) トイプードル 9歳 めす
  • リンパ腫(十二指腸) ミニチュアシュナウザー 10歳 おす
  • リンパ管拡張症 ポメラニアン 8歳 めす
  • 肥満細胞腫(肝臓、脾臓) 8歳 めす
  • 肝細胞癌 柴 13歳 めす
  • 胆嚢粘液嚢腫 雑種犬 8歳 おす
  • 幽門粘膜過形成 トイプードル 11歳 おす
  • 壊死傾向が強く診断不可能(腸管) 雑種犬 年齢不明 めす
  • 胆嚢腺腫 結節性過形成(肝臓) ポメラニアン 11歳 おす
  • 十二指腸潰瘍 肥満細胞腫(脾臓)リンパ節転移病変形成 ネコ 13歳 おす
  • 膜性糸球体腎炎 ヨークシャーテリア 5歳 めす
  • リンパ管拡張を伴うリンパ球形質細胞性腸炎 ボストンテリア 6歳 めす
  • 悪性上皮性腫瘍NOS ドゴアルヘンティーノ 3歳 めす
  • 慢性肝炎 胆嚢粘液嚢腫 シーズー 12歳 おす
  • 胃十二指腸著変認めず シーズー 11歳 めす
  • 肝細胞癌 シーズー 12歳 おす
  • 脂肪腫(脾臓) ミニチュアダックスフント 14歳 おす
  • 慢性胆管炎 グリコーゲン蓄積 チワワ 12歳 めす
  • 脾臓:結節性過形成 シーズー 9歳 おす
  • 脾臓:血管肉腫 ラブラドールレトリバー 11歳 めす
  • 脾臓:血管肉腫 雑種犬 14歳 めす
  • 脾臓:血管肉腫 肝臓グリコーゲン蓄積 雑種犬 15歳 めす
  • 脾臓:血管肉腫 ミニチュアダックスフント 9歳 おす
  • 胆嚢壊死 化膿性胆嚢炎 脾臓:出血性梗塞 ミニチュアダックスフント 11歳 おす
  • 脾臓・肝臓:転移性がん ミニチュアダックスフント 13歳 おす
  • 脾臓:血腫 トイプードル 4歳 めす
  • 脾臓:結節性過形成 シーズー 8歳 めす
  • リンパ腫(6カ所)シーズー 11歳 おす
  • 肛門周囲腺腫ならびに過形成 ラブラドールレトリバー 12歳 おす
  • 鼻咽頭ポリープ ネコ 年齢不明 おす
  • 悪性上皮性腫瘍(肢端部) ネコ 17歳 おす
  • 肛門周囲腺腫 チワワ 13歳 めす
  • 肛門嚢腺癌 ゴールデンレトリバー 10歳 めす
  • 鼻腔内腺癌 チワワ 15歳 おす
  • 軟骨肉腫 ラブラドールレトリバー 12歳 おす
  • 肛門嚢腺過形成 ミニュチュアダックスフント 12歳 おす
  • 耳垢腺腫 耳道:慢性化膿性炎症 鼓室胞:炎症性肉芽腫 トイプードル 年齢不明 おす
  • 肛門嚢腺癌 血管腫 シーズー 14歳 めす
  • 肛門周囲腺腫 アポクリン腺腫 シェットランドシープドッグ 14歳 めす
  • 肛門周囲腺腫 ミニチュアピンシェル 11歳 おす
  • 肛門嚢腺癌 皮膚付属器母斑 トイプードル 12歳 おす
  • マイボーム腺上皮腫 パピヨン 15歳 おす
  • リンパ腫(気管) ネコ 19歳 めす

その他コメントのみの報告がいくつかあります。
リンパ腫、白血病、肥満細胞腫などは病理診断ではなく細胞診のみによって診断しているのも多数あるため(検査センターの臨床病理医に依頼)ここには含まれていないものが複数ございます。

以上、犬猫の腫瘍性疾患について深く知りたい、調べたいとお考えの方の一助になれば幸いと考え紹介させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。