当院が提案し販売されている動物用サプリメント

  • TOP
  • 当院が提案し販売されている動物用サプリメント
当院では様々なサプリメントを動物たちの健康維持のために取り入れています

 

ヒトの健康維持に利用できる成分も、動物のサプリメントとして販売されていないものも多種存在するために利用することができません。
臨床現場にいる獣医師の目で選別した成分を、動物サプリメントの販売会社に提案をして、製品化していただきましたので、それらを以下に示します。

 

スーパーオリマックスハッピーポーズアミノピュアーアルジェオメガレンチンコップカバノアナタケクランベリーL -リジン
免疫サプリメントとしてがん、腫瘍を抱える動物をサポートします

主たる成分 : 低分子米ぬかアラビノキシラン
その他成分 : アントシアニン、GABA

AHCCやレンチンコップの主成分の米ぬかアラビノキシランを開発した前田博士が新たに低分子米ぬかアラビノキシランを開発し、スーパーオリマックスとして販売されています。
吸収性の向上が実現されております。

低分子米ぬかアラビノキシランは吸収性の他に免疫サポート力も強くなっています。

スーパーオリマックスについてのブログはこちら

痴呆症、クッシング症候群、メタボリックシンドロームなどの様々なトラブルを抱える動物の体調サポートに適しています。

ホスファチジルセリン、ホスファチジルイノシトール、ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸4種の成分がすべての動物の健康維持に役立ちます。


ハッピーポーズについてのブログはこちら

筋肉の衰え、がん、腫瘍、糖尿病、低アルブミン血症などを抱える動物の健康をサポートします

ロイシンを62%という高濃度含むロイシン高配合 BCAAサプリメントは他にありません。 
アミノピュアーを摂取するとロイシンの血中濃度が急激に上昇します。
血中に高濃度のロイシンが入るとタンパク合成シグナルとなることがヒト及び犬で証明されています。
それはアルブミン合成、筋肉合成のスイッチを入れることとなるのです。

筋肉減少症(サルコペニア)は老化の他、がん、腫瘍、関節の痛みなどによって起こり、QOLの低下を招きますのでロイシンの摂取をお勧めします。


アミノピュアーについてのブログはこちら

藻類由来でDHA 40%、DPA 7%を含有します。

この組み合わせで論文が発表されており、インドメタシンと同等の消炎鎮痛作用を持つ事が報告されています。

関節疾患、痴呆症、がん、腫瘍、アレルギーなどを抱える動物の健康をサポートします。


アルジェオメガについてのブログはこちら

免疫サプリメントとしてがん、腫瘍を抱える動物をサポートします。

レンチンコップの主成分は大和薬品株式会社の米ぬかアラビノキシランです。
米ぬかアラビノキシランは海外ではBIOBRAN MGN-3 として広く知られ、全米で免疫サプリメントN O1の地位を何年も獲得する日本が世界に誇れるサプリメントです。


レンチンコップについてのブログはこちら

免疫サプリメントとしてがん、腫瘍を抱える動物をサポートします。

キノコ類の中で最も強力であることが知られています

 

カバノアナタケについてのブログはこちら

尿路疾患を抱える動物をサポートします。

クランベリーについてのブログはこちら

筋肉減少症(サルコペニア)、低アルブミン血症、ヘルペスによる症状を抱える動物をサポートします。

L -リジンは必須アミノ酸の中で制限アミノ酸となることが多くの動物種で確認されています。
これは、あとリジンさえあれば筋肉やアルブミンがさらに多く作れるのに、リジンが足りないために作れないということを意味します。

L -リジンについてのブログはこちら