レンチンコップ

  • TOP
  • レンチンコップ

レンチンコップとは

米ぬかアラビノキシランを主成分とする人と動物のサプリメントです。

【がんや腫瘍など重い疾患を抱える動物たちの免疫をサポートします

米ぬかアラビノキシランは人用サプリメントとして世界中で15年以上前から使用されています。
日本ではレンチンプラス、レンチンゴールド、レンチンコップなどの商品が販売されています。
主成分の米ぬかアラビノキシランは、海外ではBio Bran MGN-3 として広く知られています。

 

 

レンチンコップからスーパーオリマックス

米ぬかアラビノキシラン(Bio Bran/MGN-3) は免疫力を高めるサプリメント成分で、数多くの学術論文、学会発表がなされています。
米ぬかアラビノキシランは、米ぬかにシイタケの二次菌糸から放出される酵素を作用させてできたもので、腸管から吸収可能なサイズにまで小さく分解されています。
この成分は、体内に吸収されNK細胞・マクロファージ・樹状細胞・T及びBリンパ球など免疫に関わる細胞を活性化させる事が上述の通り各種の論文によって知られています。

最近ではこの米ぬかアラビノキシランの低分子化が実現され、そのおかげでさらに吸収性が高まるとともに免疫賦活力もより向上しております。

それが低分子米ぬかアラビノキシラン(オリザロース)でスーパーオリマックスという名称でヒトおよび動物用サプリメントが販売されています。

 

 

NK細胞活性化作用

NK細胞活性化作用
NK細胞活性化作用

【バイオブランは様々な効果が期待できます】

バイオブランは、多くの学会発表内容、及び論文が掲載されています。
それらの内容から「NK細胞活性増強」「マクロファージ食作用増強」「リンパ球の活性化」などによって得られる様々な効果が期待できます。

○免疫増強効果 
○がんや悪性腫瘍に対する効果 
○自己免疫疾患やアレルギー等の過剰な免疫反応を抑える効果
○免疫賦活作用による感染症予防効果 
○抗がん剤の副作用軽減効果 
○抗HIV効果 など

 

 

研究と実績

バイオブランは、がんや皮膚病、感染症などに良好な効果を得られています。

基礎研究

バイオブランによるヒトナチュラルキラー細胞活性の増強 GHONEUM M.
バイオブランによるマクロファージ食作用の増強 M. GHONEUMら
免疫刺激と癌予防 Mamdooh GHONEUM
バイオブランによるヒト末梢血リンパ球からの腫瘍壊死因子-αおよびインターフェロン-γの産生と、in vitroにおけるインターロイキン-2との相乗作用 M. GHONEUM
バイオブランのヒト末梢血リンパ球ナチュラルキラー細胞活性に及ぼす影響 下村千鶴ら
バイオブランによる加齢マウスのナチュラルキラー細胞活性増強 Mamdooh GHONEUMら
バイオブランのin vitro抗HIV活性 Mamdooh GHONEUM
バイオブランに含まれる癌細胞増殖抑制成分に関する研究

宮崎文隆ら

バイオブランの活性酸素消去能の検討 田澤賢次
バイオブランの生体防御賦活作用に関する基礎的研究 須藤信行ら
バイオブランはシスプラチンの主要・急性副作用である体重減少を示したマウスにとって有用である 遠藤雄三ら
ラットにおけるシスプラチンおよびドキソルビシン誘発毒性に対するバイオブランの効果 Henry I. JACOBYら
バイオブランがラットの実験的肝障害に及ぼす影響 山田太斗ら
バイオブランの感染防御活性に関する報告 切替照雄
シスプラチンの毒性に対するバイオブランの防御作用 Henry I. JACOBYら
喘息モデルマウスにおけるバイオブランによる喘息予防と症状軽減効果の評価 神林宏ら
NCマウスに対するバイオブランの抗アトピー性皮膚炎効果 野々山恵章
バイオブランはヒトT細胞白血病細胞の細胞死受容体(CD95)誘導アポトーシスに対する感受性を高める Mamdooh GHONEUMら
バイオブランはヒト乳癌細胞株における酵母誘導アポトーシスをin vitroで増強させる Mamdooh GHONEUMら
ストレプトゾシン誘発性糖尿病ラットの血清脂質および味覚感受性に対するバイオブランの効果 小原郁夫ら
バイオブランは新生児期にストレプトゾシンを投与したNIDDM成熟ラットの耐糖能を改善させる 小原郁夫ら
バイオブランが、ヒト乳癌細胞の化学療法剤ダウノルビシンに対する感受性を上昇させる Sastry Gollapudiら
バイオブランによるヒト単球由来樹状細胞の成熟増強 D.Cholujovaら
Ehrlich癌担癌マウスに対するバイオブランのin vivo抗腫瘍作用 Nariman K.ら
バイオブランの潜在的抗酸化力によるマウスの固形エールリッヒ癌に対する抗癌作用メカニズム Eman Noamanら
バイオブランによるin vitroでのヒト貪食細胞における細胞内微生物殺菌能の亢進 M. Ghoneumら
生体応答調節物質のバイオブランによるin vitroにおけるヒト単球由来樹状細胞の活性化 M. GHONEUMら

臨床研究

進行癌に対するバイオブランの延命効果およびQOL改善効果 高原喜八郎ら
バイオブランによるがん患者のNK免疫回復(患者32人の4年間追跡試験) M.Ghoneumら
標準治療終了後の癌患者に対する機能性食品の長期摂取の影響 恒川洋
進行性末期膵臓癌の保存的加療における機能性食品の有効例 掛谷和俊