ジギタリス回帰

犬の心臓病は皆様が思うより多く発症しているのではないかと思います。
特に小型犬は心臓病が非常に多く、高齢になると僧帽弁閉鎖不全症を患う子が増えてきます。
三尖弁閉鎖不全症も意外に多く発症しています。

心疾患の為の薬剤ジギタリスについて医療分野でも獣医療分野でも過去にジギタリスが良いと言われたり良くないと言われたり評価が二転三転してきました。
そんな中、近年ジギタリスの使用は他の薬剤より成績が悪いと言われ、あまり使用されなくなっています。
ジギタリスが死亡率を高めるなど、他剤に比べジギタリスに不利なデータが医療分野で発表されたりしたためです。

しかし医療分野では、再びジギタリスの効果が評価され、回帰する傾向が見られ始めています。
ジギタリスの使用は、他剤の使用と比べて死亡率が少し高くなると伝えられた解析データに加えさらに多くのデータに対し公正な解析を実施した結果、以前に伝えられた死亡率が高くなるという事はなく差がなかった事が判明し、再入院の可能性はジギタリスの使用により低くなることが判明したからです。

 

Safety and efficacy of digoxin: systematic review and meta-analysis of observational and controlled trial data
BMJ 2015;351:h4451
400万人対象のデータです。
過去の研究データでは、ジギタリスを使用している例がより高齢でより重症例であった事によって死亡リスクが増大するという結論になっていたことが指摘されており、より公正な解析をした結果死亡リスクは増大しないどころか再入院の率が低くなっていることを伝えています。

 

MEDPAGE TODAY の 2013年3月14日
Digoxin could be part of the solution to high hospitalization rates in heart failure, researchers suggested in a subanalysis of the DIG trial.
ジゴキシンは心不全患者の退院後の再入院率を低くする可能性を示唆しています。

コメントは受け付けていません。