米ぬかアラビノキシラン使用例(心不全)

  • TOP
  • 米ぬかアラビノキシラン使用例(心不全)

心不全による失神(マルチーズ)

マルチーズ、16歳、メス 左右の心不全により頻繁に起こっていた失神がレンチンコップの投与により完全におさまった。

口腔内メラノーマ(グレートデン)
口腔内メラノーマ(グレートデン)
口腔内メラノーマ(グレートデン)

人において米ぬかアラビノキシランはBNP値を下げる

がん・腫瘍に侵される人の多くは、動物と同様に高齢になってから患い、心疾患も同時に抱えていることが多々ある。
心疾患を抱えてはいるがその治療を必要としないがん・腫瘍患者に対し米ぬかアラビノキシランを使用する場合、通常BNP値もモニターされている。
そのような例で、ほとんどの人でBNP値の低下が観察された事実が存在する。

米ぬかアラビノキシランは、現在ではさらに吸収性が良くなり有効成分がより多くなった低分子米ぬかアラビノキシランが開発されスーパーオリマックスという名称で販売されています。