レンチンコップ使用例

  • TOP
  • レンチンコップ使用例

はじめに

はじめに

すべてのがん・腫瘍を治す治療方法が存在しない事は誰もが知るところです。 がん・腫瘍の進行を少し遅く出来ればその治療は成功と言えます。
がん・腫瘍の進行が止まるもしくはしこりが縮めば治療は大成功と言えます。
がん・腫瘍によって崩していた体調が戻っても治療は成功と言えます。
レンチンコップは多くの場合、食欲が増し体調が戻ります。
これだけでも効果は十分と言えるのではないでしょうか。
人、動物ともに健康維持量の2~3倍量もしくはそれ以上を与えることで、進行を遅らせたり、腫瘤を縮ませたり、さらには治癒することもあります。
アメリカにおいて日本の製品であり、レンチンコップの主成分であるBioBranMGN3によって末期がんが治ったと多数報告されています。
また、がん・腫瘍に対する論文も多数出ておりますので、その中でアメリカと日本それぞれ1つ論文を紹介します。(いずれも人の健康維持量の3倍量を使っています。)

1999年アメリカで発表された
UCLA/DrewUniversity of Medicine and Scienceのグループの論文

2004年日本で末期癌患者205名に使用した結果を発表した医療法人三矢会、佐野外科病院の医師達による論文

205名の末期癌患者の内109名を対象群としてバイオブラン未使用、96名はバイオブランを使用し、18か月後のそれぞれの生存率を比較しています。
バイオブラン未使用群の生存率は17.4%、使用群の生存率は54.2%と大きな差が出た事を報告しています。

使用例

犬の慢性腎不全に使用(他2頭に同様効果)

犬の慢性腎不全に使用(他2頭に同様効果)

散歩も出来なかった程の体調が短期間で改善され、散歩時に連続30分の歩行も可能になったと報告いただきました。

犬の免疫介在性脂肪織炎(無菌性結節性脂肪織炎)に使用

犬の免疫介在性脂肪織炎(無菌性結節性脂肪織炎)に使用

2年11か月の期間、プレドニゾロン・アザチオプリンでコントロールが困難であった免疫介在性脂肪織炎がレンチンコップの投与により急速に病変が治癒し、薬剤の減量、投与間隔の延長を行っても維持できている。この経過は皮膚科専門医、村山獣医師も確認しています。

鼻腔の腺癌(コリー犬、白石動物病院の飼育犬)

鼻腔の腺癌(コリー犬、白石動物病院の飼育犬)

鼻のガンに侵されたコリー犬で、当院初のレンチンコップ使用例です。
皆様に強く推奨するきっかけとなりました。

頭部に発生した起源不明の肉腫

頭部に発生した起源不明の肉腫

巨大な腫瘤が消えました。

口腔内メラノーマ -1-(ミニチュアダックスフンド)

口腔内メラノーマ -1-(ミニチュアダックスフンド)

口腔内メラノーマのダックスの症例
この画像は1年以上経過したときの画像で、来院当初や病変部の画像はありません。

口腔内メラノーマ -2-(グレートデン)

口腔内メラノーマ -2-(グレートデン)

口腔内メラノーマのグレートデン、手術後1年経過し12歳11か月時の画像

心不全による失神(マルチーズ)

心不全による失神(マルチーズ)

16歳、マルチーズ、失神が起こらなくなるとともに、動きが活発になり、高齢になって薄毛になっていたが、毛量が明らかに増え若返った様に思える。

肝炎のシーズー

肝炎のシーズー

20歳を前に体調は改善、2年以上無毛であった体幹部に毛が生え始めた(画像は投与前)

ドライアイが改善されたトイプードル

ドライアイが改善されたトイプードル

涙液量0mmが19mmとなり、治癒しました。

全身性毛包虫症 -1-(高齢、ミニチュアダックスフンド)

全身性毛包虫症 -1-(高齢、ミニチュアダックスフンド)

レンチンコップの投与で四肢に発毛を認める。

全身性毛包虫症 -2-(若齢の雑種犬)

全身性毛包虫症 -2-(若齢の雑種犬)

若齢犬の全身性毛包虫症をレンチンコップとマラセブシャンプーのみで治療を試みました。

被毛等改善 -1-

被毛等改善 -1-

被毛につやが出て毛量増加、さらにジャンプ力も改善した。

被毛等改善 -2-

被毛等改善 -2-

被毛につやが出てきた。 体調が良くなった。

被毛等改善 -3-

被毛等改善 -3-

被毛につやが出て毛量増加、さらに肉球が若い頃のように柔らかくなった。

論文等紹介

抗がん剤の副作用を軽減する作用
抗がん剤に協力し効果を高める作用
を報告した論文とバイオブラン研究会国際大会の講演要旨を紹介します。

人の医療分野では、レンチンコップの主成分であるバイオブランMGN3が抗がん剤の副作用を軽減することや、がん細胞の抗がん剤に対する感受性を高める作用(つまり抗がん剤が効きやすくなる作用)が証明され、いくつもの論文が発表されています。
当院でも犬・猫に対して同様な効果、つまり抗がん剤使用時の副作用が軽減されることが、多くの症例に使用し確認されています。
レンチンコップの主成分であるバイオブランMGN3は世界50カ国で使用され、50を超える論文が発表され、学会発表は140を数えます。
その中から抗がん剤との併用に関係するいくつかの論文のタイトルを紹介します。
また、本年バイオブラン研究会の国際大会が開催されましたので、そのハンドアウトも紹介致します。

2014年1月”Anticancer Research, January 2014”に掲載された論文

カリフォルニア大学/ドリュー医科大学 Mamdooh Goneum ら著
修飾米糠アラビノキシラン(MGN-3/BioBran)はin vitroにおいて転移性乳がん細胞のパクリタキセルに対する感受性を高める

2008年 ”Cancer Detection and Prevention 32,(2008),1-6 に掲載

カリフォルニア大学アーバイン校 基礎臨床免疫学 Sastry Gollapudi ら著
米ぬか由来の改良型アラビノキシラン(バイオブラン/MGN-3)が、ヒト乳がん細胞の化学療法剤ダウノルビシンに対する感受性を上昇させる

2003年 “Pharmacology and Toxicology,2003,92,300-3003に掲載

マクマスター大学保健科学部病理分子医学部門 遠藤雄三ら
修飾米ぬかアラビノキシランはシスプラチンの主要・急性副作用である体重減少を示したマウスにとって有用である

2001年 “Journal of Nutraceuticals,Functional & Medical Foods,Vol3(4)”に掲載

Henry I.Jacobyら著
ラットにおけるシスプラチンおよびドキソルビシン誘発毒性に対するバイオブラン(米ぬかアラビノキシラン誘導体)の効果
Henry I.Jacobyら著
シスプラチンの毒性に対するバイオブラン(米ぬかアラビノキシラン誘導体)の防御作用(フェレット、ラットでの試験)

バイオブラン研究会2014国際大会講演要旨