尿管損傷に対する手術について

  • TOP
  • [カテゴリー: ブログ]
  • 尿管損傷に対する手術について

他院の依頼で小型犬の尿管損傷の手術を実施しました。

尿管は腎臓と膀胱の間をつなぐ非常に細い管で、腎臓で産生された尿を膀胱へ運ぶための管です。尿管の損傷はあまり遭遇しない異常で、交通事故などによる外傷によって起こることがほとんどです。

尿管が損傷した場合お腹の中に尿が漏れ、短時間で体調が悪化するために緊急手術を実施する必要があります。

小型犬の尿管の処置は、非常に細く脆い管であるために縫合することはなかなか困難です。猫の尿管はさらに困難を極めます。今回は小型犬でも少し大きめだったので尿管の縫合は比較的楽で手術用顕微鏡を使用する必要もなく拡大鏡を使えば十分にできる手術ではありましたが、損傷範囲等を考慮し膀胱の頭側に尿管を移設することにしました。

なんとか無事に移設することができました、術後が順調にいってくれて普通の生活ができるように祈っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。