腎不全には BCAA

当院では腎不全に際し分岐鎖アミノ酸の摂取を推奨しております。
ところが腎疾患の際にはタンパク質摂取量の制限が実施されることは周知の事実であり、腎疾患とアミノ酸摂取についての質問を受けることが時折あります。
ヒト医療分野において分岐鎖アミノ酸BCAAは腎不全や肝不全の中心静脈栄養に多用されており、その効果が注目されております。
ここでは NPO法人 PDN(Patient Doctors Netwaork)が掲載している中心静脈栄養法、アミノ酸製剤の種類と特徴の記事の一部を紹介致しますので、参考にしていただけると幸いです。

 

1 BCAAについて
BCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンなど側鎖が枝分かれしているアミノ酸である。
BCAAは生体の必須アミノ酸の約40%を占め、アミノ酸の中でも栄養学的効果が注目されている。
アミノ酸の需要が増大する侵襲期に、BCAAは筋蛋白分解を抑制し、蛋白合成を促進する。
アミノ酸の大部分が肝臓で代謝されるのに対し、BCAAは主に筋肉で代謝され、エネルギー源になるため、肝機能障害時などにも利用可能である。BCAAの中でも、特にロイシンが筋蛋白合成を促進し、蛋白分解を抑制する。

 

2 腎不全用アミノ酸輸液
腎不全、特に透析導入前の保存期腎不全患者における末梢静脈栄養および中心静脈栄養で用いられる。
腎機能を維持し尿毒症の改善を図りつつ、栄養改善・維持を目的に使用する。
腎不全では腎臓でのアミノ酸代謝が障害され、また治療としての蛋白質摂取の制限により血中必須アミノ酸(特にBCAAとスレオニン)が低下し、ヒスチジン、チロシン以外の非必須アミノ酸は高値を示していることが多い。
安全性、有効性を考慮して、必須アミノ酸を中心に最低限の非必須アミノ酸を配し、E/N比は2.6となっている。BCAA含有量は42~46%と高い。

 

(ロイシンはタンパク分解を抑制し、タンパク合成を促進するため血中尿素窒素であるBUN の上昇を抑えます。)

 

コメントは受け付けていません。